HOME > Topics > 新嘗祭&内閣総理大臣賞受賞式

新嘗祭&内閣総理大臣賞受賞式に出席

蒸しかき「珠せいろ」が、平成26年度<第53回>農林水産祭において、天皇杯に続く内閣総理大臣賞を頂いたことは既報のとおりですが、11月23日にその受賞式があり、東京・明治神宮で行われた新嘗祭(にいなめさい)および農林水産祭式典(表彰式)にご招待いただきました。

これも、これまでご愛用くださいましたすべてのお客様のおかげと改めて感謝申し上げます。

天皇杯は宮内庁から下賜される日本で最高の権威です。

天皇杯が下賜されるのはサッカーや大相撲、競馬など26団体。スポーツ以外では、日本農林漁業振興会のみです。

農林水産業の振興に功績のあった人や団体をたたえる農林水産祭の天皇杯等三賞に選出いただいたことは、日本でモノ作りをしている企業としては、これに勝る光栄なことはございません。

なお、天皇杯、内閣総理大臣賞および日本農林業振興会会長賞は、過去1年間の農林水産祭参加表彰行事(301件)において、農林水産大臣賞を受賞した509点の中から選出されます。

また新嘗祭は、数ある宮中祭祀の中でも、もっとも重要な儀式。鳴り響く大太鼓、雅やかな神官や巫女たちの舞いは、平安絵巻そのものです。

珠せいろの受賞理由は、二つの特許技術(特許第5328856号、第5364214号)のみならず、これまでにない、ふんわりしっとりとした新しい食感、特に一年を通して、お客様への安心・安全な食品の提供、そして、地域への新たな雇用の創出にも寄与していることを認めていただいてのものです。

   
   (小泉昭男農林水産副大臣より贈賞頂きました)

これからもお客様への感謝を忘れず、さらに喜んでいただけますように研鑚を積み、新時代のかき「珠せいろ」でこれまで以上に日本の食文化に貢献し、世界のかきの食文化に新しい波を起こしてまいります。