HOME > 播磨灘物語 > はじめに

播 磨 灘 の 牡 蠣

 播磨灘の牡蠣は、育ちが早く、身が太く美味いという。
播磨灘での牡蠣養殖は赤穂市・坂越湾で昭和49年(1974)に始まり、続いて相生市・相生湾で昭和53年(1978)、たつの市・室津の海は平成10年(1998)から養殖が始まっている。播磨灘とは瀬戸内海東部地区の海域をいう。兵庫県南西部(旧播磨国)の南側に位置し、東は淡路島、西は小豆島、南は四国で区切られ、西北部に家島諸島がある。東西約50km、南北70km、水深は40m前後だが、海峡部では100mを超えるところもあり、播磨五川と称される加古川、市川、夢前川、揖保川、千種川が流れ込んでいる。また、近畿地方から中国、四国、九州方面への航路でもある。

 播磨灘に面する陸地、神戸地区から姫路地区にわたっては、段丘地形の台地となっている。段丘とは階段状の地形をいう。ところが、たつの市御津町(みつちょう)の室津海岸からつづく相生湾、坂越湾は、全く異なる景観で、美しい沈降海岸となっている。大地がここ100万年の間に、少なくとも100mは沈んだことから、海水の流れがゆるやかな入り海となったのだ。これが牡蠣養殖の最適条件をつくった。

 さて、この播磨灘が面する播磨国は、どのような歴史と文化を歩んできたのだろうか。それを古代から現代まで簡単に俯瞰してみたい。